アウトドア

【初心者向け】キャンプマットの種類と選び方。メリットデメリットを解説!

こんにちは!れおです!本日のテーマは・・・

【初心者向け】キャンプマットの種類と選び方。メリットデメリットを解説!

本日はアウトドア、キャンプの話題です!

キャンプの代名詞と言えばテントですが、テント単体では気持ちよく眠る事ができません。

より快適に眠る為には【キャンプマット(テントマット)】が必要になります。

本日は数あるキャンプマットの種類とその選び方の解説、各マットのメリットデメリット解説していきます。

それでは早速いってみよう!

合わせて読みたい記事!

アウトドア好きなキャンパー向けにオススメのTシャツをご紹介しています!

キャンプ用の可愛いTシャツを着てアウトドアをもっと楽しみましょう!

是非合わせてチェックしてみてください!

そもそもキャンプマットの役割ってなに?

キャンプマットとはテント内で使用するマットで寝袋に下に引いて使います。

まず初めにキャンプマットの役割についてご説明いたします。

キャンプマットの役割
  1. 硬い地面でも眠りやすいようにする
  2. 地面からの熱を遮断・和らげる

①の役割については想像がしやすかったと思いますが、②の役割もそれと同じぐらい重要です。

1度キャンプをした事がある方はわかるかもしれませんが、地面って夜になると思っているより冷たくなります。

いくら寝袋で寝ていても、マットがなければ体温を地面にどんどん奪われていきます。真夏なら問題ありませんが【冬場のキャンプなら死活問題になります。】

最悪の場合低体温症になりかなり危険な状況になります。

と自然の恐ろしさが理解できたところで、『キャンプマットの種類とその特徴、メリットデメリットについて』解説していきます。

【初心者向け】キャンプマットの種類と選び方。
メリットデメリットを解説!

amazonから出典

キャンプマットには大きく分けて3種類のタイプが存在しています。

そちらの特徴とメリットデメリットについて解説していきます。

  1. 発泡マット
  2. エアーマット
  3. インフレータブルマット

キャンプマットは大きく分けると上記3種類にわかれます!

それでは1つずつ特徴を見ていきましょう!

①発泡マット

amazonから出典

まず初めはテントマットの中で最も安価に購入する事ができる、発泡マットをご紹介します。

蛇腹のように折り畳む事ができ、その単純な作りが故にとても安価に購入する事ができます。

多少破れても問題なく使えるので、キャンプマットの中では最もタフなマットだと言えます。

上記画像のようなフォールディングマットが発泡マットの中では最もポピュラーです。

amazonから出典

他にもこちらの通称銀マットも材質が同じですが、表面にアルミシートを貼り付けただけのモノになるので耐久性やクッション性は劣りますが、更に安価に手に入れる事ができます。

こちらの発泡マットはタフに使える事や、軽く持ち運びに適している為、荷物を減らしたいソロキャンパーを中心にとても人気なアイテムです。

オススメアイテムは?

BUNDOK(バンドック)フォールディングマット
コスパで選ぶならバンドックのコレ!

1年保証付きの超エリート発泡マットはコレ!
極厚の20mmだからできる遮熱性は抜群!

あまりオススメはできないけど、とりあえず安く済ませたいなら銀マットもあり?

デメリット
  • 寝心地は良くない

寝心地が良くないと言う点を除けば、安いし、軽いしとても便利な汎用性の高いマットになります。

特にソロキャンプを始めたいと考える人にはかなりオススメのアイテムですね!

②エアーマット

amazonから出典

続いてはエアーマットです。

風船のように空気を入れて大きくし、簡易ベットのように出来上がるエアーマット。

冷気を遮断する空気の層が厚く暖かく、【寝心地】は3種類の中で1番いいとされています。

空気を入れる手間があるので、専用ポンプや電動ポンプを合わせて購入する事をお勧めします。

空気を抜けば、とても小さくなりかさばる事がないので持ち運びにも非常に便利。

おうち用にも来客時の簡易ベットとしても使えるぐらい寝心地がいいので、寝心地を最優先で考える方はエアーマットがお勧めです。

ただ一つの難点が、風船と同じで破れてしまうと使えなくなる事です。テープなどで補強はできても100%の力は出せません。

寝心地も暖かさも最強ですが、それと同時に耐久面も3種類の中で1番低いのがエアーマットの特徴です。

オススメアイテムは?

コールマンのエアーマット+クイックポンプセット

フカフカで寝心地抜群のエアーマットとクイックポンプがセットで約5,000円(記事作成日時点)以下で買えるコスパ最強セットです。

更なる寝心地とより強固な耐久性ならコチラの上位モデルもチェックしてね!

デメリット
  • 耐久性が低い、一度破れるれると終わり
  • 設営が手間(専用ポンプがあれば解決)

寝心地、暖かさがある反面、耐久性が低い諸刃の剣なのが、エアーマットの最大の特徴だね!

破れても安価で買い戻せるから何とかなるけど、良いものを長く使いたい人には向かいない、寝心地重視のファミリー層には人気のアイテムですね!

③インフレータブルマット

amazonから出典

最後はインフレータブルマットです。

インフレータブルマットは中にウレタン素材のクッション材が入っており、空気を充填しその膨らみを利用してマットにします。

超簡単に説明すると、②のエアーマットの上位互換のようなマットになります。

エアーマットのように空気充填をする必要がなく、マットのバルブを開ければ自動的に空気が入っていきます。

最後の仕上げに多少空気を吹き込む必要がありますが、コレも苦ではありません。

優れた遮熱性がありとても暖かく、寝心地もそこそこ良いので僕達もこのインフレーターマットを愛用しています。

①②の2つのマットより高価なマットにはなりますが、寝心地抜群なのでオススメのマットです。

オススメアイテムは?

シングルサイズならコレ一択 WAQのキャンピングマット!

キャンプYouTuberの中でもかなり人気が高く、使っている人が多い!
8センチもある超厚手なので、エアーマットにも負けない寝心地の良さ!

僕達が愛用するマットはコレ!
キャプテンスタッグのインフレーティングマットダブルです!

ダブルサイズの寝袋に合わせて、コチラを購入!ダブルサイズの中ではかなり安い方でコスパがよくずーっと使っています!

デメリット
  • 設営は楽だけど、収納が大変
  • 重い
  • 3種類の中で1番かさばる

エリートだけど高くて重くて、収納が大変なインフレーターマットですが、その分寝心地と遮熱性は抜群です。

いくらアウトドアとは言え、ある程度の寝心地が欲しかったので、僕達はインフレーターマットを選びました!

番外編:コットと合わせて使ってみる

amazonから出典

キャンプギアの中にはコットと呼ばれる、足付きの簡易ベットギアも存在します。

コットの魅力は地面の状態を選ばず使用する事ができ、かつ地面から離れて寝る事ができるので、熱が地面に奪われることを防げます。

特にソロキャンプなどに多いグランドスタイルのキャンパーは必須級のアイテムです。

今回紹介したキャンプマットを単体で使うのではなく、コットと組み合わせて使うとより快適に眠る事ができるので、興味のある方は是非コットも合わせてチェックしてみてください!

【初心者向け】キャンプマット選び方。

最後にキャンプマットの選び方についてです。

前述した内容をよく読むと、大きく分けた3種類のマットはどれも一長一短の良い点悪い点を兼ね備えています。

3種類の中でどれにするかが決まれば、下記の点に注意して比較してみてください!

要するにどれがいいと言う明確な答えはなく【みなさんが何を優先するか?】によってマット選びが決まります。

比較ポイント
  • 価格
  • 収納時の大きさ
  • マットの厚み
  • カラーやデザイン
  • 重さ

上記のポイントを比較して、僕なりにオススメのモノをいくつか前述していますので、

どれがいいかわからん!!!

そんな方は是非もう一度上に戻ってアイテムリンクから詳細をチェックしてみてください!

【初心者向け】キャンプマットの種類と選び方。
メリットデメリットを解説!まとめ

おつかれさまです!

キャンプマットの種類やその特徴、メリットデメリットについてはご理解できましたでしょうか?

改めてお伝えいたしますが、キャンプマット選びの正解はなく、キャンパーの皆さんごとに正解が異なります。

とは言え、0から調べるのも難しいと思いますので、いくつかオススメ商品を合わせてご紹介しました!

気になるものがあれば是非チェックしてみてください!

それじゃみなさん素敵なキャンプライフを!

じゃまたね〜!