アウトドア

【初心者キャンパー必見!】アルミ、チタン、ステンレス、鉄、各特徴は?

こんにちは!れおです!本日のテーマは・・・

【初心者キャンパー必見!】アルミ、チタン、ステンレス、鉄、各特徴は?

本日は、初心者キャンパー必見の話題です!

キャンプを始めたての醍醐味と言えば、ずばり”ギア選び”です。

テントや寝袋など様々なモノを揃えていく中で、調理器具やカトラリーなどを選ぶ時があります。

その時に初心者が一度は悩む、こんな疑問が出てきます。

『アルミ、チタン、ステンレス、鉄、どれがいいの?

『それぞれの材質にはどんな特徴があるの?』

そんな初心者キャンパー向けに、

『各材質のメリットデメリット』『各材質はどんなギアによく使われているのか?』などを解説して行きます!

この記事を読み終わる頃には、自分のスタイルにあった材質のギアを選べる様になっています!

お気に入りのギアを購入して、素敵なキャンプライフを満喫しましょう!

それではスタート!

【初心者キャンパー必見!】
アルミ、チタン、ステンレス、鉄、各特徴は?

今回はマグカップや調理器具のクッカー類など金属製品のギアを選ぶ際に役立つ知識をご紹介します。

キャンプギアを選ぶ中で、ほとんどのギアは基本的に【アルミ、チタン、ステンレス、鉄】の4つのどれかで作られています。

例えばマグカップだと【アルミ、チタン、ステンレス】のモノが存在しそれぞれ特徴があります。

マグカップを直火で使う人はアルミを選ぶし、ドリンク用のカップとしてしか使わない人はチタンを選ぶ。

の様に使用用途でどの材質を選ぶか?が変わってくるのです。

もちろん自分のスタイルから逆算する事がベストではございますが、材質毎の特徴を知っておくとキャンプ以外でも役に立つ知識になります。

どんなシーンで、どんな用途で使うのかを妄想しながら、キャンプギア選びに役立ててください!

それでは各金属の大まかな特徴をご説明して行きます!

①アルミ素材の特徴

amazonより出典

まずはアルミ素材の特徴から見て行きましょう。

アルミは軽く、穴を開けたり加工しやすい材質で、熱伝導も良い事から、主に調理器具であるクッカー類に用いられる事が多いです。

逆にマグカップでアルミのモノを選ぶと、その熱度伝導率の良さが仇となり、火傷の危険性もあります。

なので、クッカー類はアルミのモノがオススメです。

普段の生活では、アルミ鍋を持っている人は結構稀ですが、イタリアンレンストランの厨房にあるパスタを作る銀色のあのフライパンはアルミ製です!

熱伝導率が高いので、プロは使われているみたいですね!

長所短所
軽く、加工しやすい剛性が弱く、傷つきやすい
熱伝導率が良いマグカップなどでは熱伝導率の
良さのせいで熱くなる
ムラなく熱が入る
オススメアルミアイテムはコチラ

王道のアルミクッカーはスノーピークアルミパーソナルクッカーセット

鍋も炊飯も炒めも煮るもこのセットで完結できます。
直火調理もOKで経年変化を楽しめるので、
オシャレソロキャンパーの所有率は非常に高いアイテムです。

②スノーピーク シェラカップ

アルミ、ステンレス、スチールの合金のシェラカップ。
軽くて、丈夫で、それでいて汚れに強い。

熱伝導率も高いので直火調理ができる優れモノ!
僕達夫婦は1つずつ所有していて、毎回キャンプの取り皿などはこれ1つだけ!

②チタン素材の特徴

amazonより出典

続いては、チタン素材の特徴を見て行きましょう

チタン素材の特徴は3種中で圧倒的に軽い事が1番の魅力です。またアルミとは反対で熱伝導率が悪い事で、熱を持ちにくく、

口につけても火傷の心配が少ない事から、マグカップやスプーン、フォークなどの直接口につけるモノの素材によく使われます。

今回オススメしているスノーピークのチタンシングルマグもこの素材。

特にチタン製のアイテムは、バックパック1つでキャンプするソロキャンパーや登山をする人となど、

いかに荷物を小さく、軽くできるかを重要視する方に非常に向いています。

また熱伝導率が悪いけど、アルミより薄く加工できる材質でもあります。

要するに、熱伝導率の悪さを”薄さ”でカバーする事ができるので、薄くていいチタン製品を選べば、クッカーとしても十分使えるのです。

長所短所
とても軽い値段がもっとも高い
口をつけても熱くなりにくい熱伝導率が悪い
薄く加工できる材質
オススメのチタンアイテムはコチラ

こちらもスノーピークのチタンシングルマグ!

大事に扱えば、一生モノのアイテムになります。
とても軽量で、ソロキャンパーは1つは持っているマグです。

僕達夫婦もコチラのマグを1つずつ愛用しています!
コーヒーデイキャンプをする時には必須アイテムです!

チタン製のカトラリーはこれがオススメ!
折り畳みが可能で、チタンカトラリー類の中でも非常に安い!
機能性、コスパの観点で初心者キャンパーにとてもオススメ!

③ステンレス素材の特徴

amazonより出典

次はステンレス素材の特徴についてです。

ステンレスは錆びない!そんなイメージを持たれている方、その通りです。ステンレスはサビにとても強いです。

そして硬くて、非常に丈夫なので、焚き火台、クッカー、ナイフなど幅広いギアの素材に使われています。

ステンレスというのは、鉄+クロムで構成されており、鉄の良いところを引き継いで、悪いところを軽減させた、言わば良いところ取りの材質です。

一般的にも冷めにくいという利点を生かした、魔法瓶やケトルの材料としてよく使われており、1番馴染みの深い金属と言っても過言ではないでしょう。

長所短所
硬くて丈夫重い
サビに非常に強い焦げ付きやすい
冷めにくい材質
オススメのステンレスアイテムはコチラ

モーラ・ナイフ コンパニオンです。

初心者から上級者まで、幅広いキャンパーに愛される王道ナイフです。
調理から薪割り、フェザースティック作りまで何でもこなせる
まず初めに買うべきナイフです。

UJackのステンレスカトラリーセット

超コンパクトで1,000円以下で買えるカトラリーセット。
フォーク、スプーン、ナイフ、お箸、ケースが付属したアイテム。

汚れに強く、丈夫。カラビナ付きのケースが嬉しい。エリートアイテムです。

④鉄素材の特徴

amazonより出典

最後は鉄素材の特徴を見て行きましょう。

金属の中でも最もメジャーで、誰でしもが知っている金属です。

キャンプ用品では、ダッチオーブンやスキレットなど、調理器具として利用されるシーンが多いです。

今更説明は要らないと思いますので、割愛しますが、多くのシーンで活躍している金属です。

一般的なイメージは、硬く丈夫!でも錆びてしまう、それに重い!実際その通りです。

では何故あえて、持ち運びに不便な鉄製のアイテムを使うのでしょうか?

鉄製の長所短所を見て行きましょう!

長所短所
硬くて丈夫強度が抜群重い
価格が安いサビに弱い
蓄熱製に優れているメンテナンスが面倒
オススメの鉄アイテムはコチラ

最もポピュラーなLODGE(ロッジ)のスキレット6

重いのは重いけど、ギリギリ苦にならないサイズ。
スキレット入門はまずこのスキレットからがベスト。
LODGEのスキレットは面倒なシーズニングは不要。

LODGE ダッチオーブン

これを使いこなせれば、キャンプ上級者の仲間入り。
カレーに、ローストチキン、煮る、約、保温に・・・

【初心者キャンパー必見!】
アルミ、チタン、ステンレス、鉄、各特徴は?まとめ

お疲れ様です!

【アルミ、チタン、ステンレス、鉄】各素材の特徴、長所短所は理解できましたでしょうか?

素敵なキャンプライフは、ギア選びから始まります!

僕達なり、オススメのキャンプギアを本記事では紹介してまいりました!

気になるアイテムがございましたら、URLリンクより商品詳細ページでチェックしてみてください

コロナ禍でなかなかキャンプに行きづらい状況ですが、今のうちに色々ギアについて調べて、コロナが明けたらアウトドアを楽しんでいきましょう!

それではさようなら〜!

合わせて読みたい記事!

アウトドア好きなキャンパー向けにオススメのTシャツをご紹介しています!

キャンプ用の可愛いTシャツを着てアウトドアをもっと楽しみましょう!

是非合わせてチェックしてみてください!