お金・節約

【何から始める?】王道本3選!お金の勉強初心者にオススメの本はコレ!

みなさんこんにちは!本日のテーマは・・・

【何から始める?】王道本3選!お金の勉強初心者にオススメの本はコレ!

本日はこれから将来を見据えて、お金の勉強を始めたい!

そう考える方全員を対象に初心者へオススメできるお金の本についてのテーマです!

世の中にはお金についての本はたくさん出版されていますが、その中でも王道でかつ、厳選された本を今回はご紹介致します!

【お金の勉強を始めたいけど、まず何から始めて良いかわからない・・・】そんな方は是非最後まで読んでください!

お金の勉強に近道はないけど、着実に成長する事ができる読んで間違いない本は確かにあります!

それではいってみよう!

お金の勉強をする際の本の選び方

記事冒頭でも申し上げた通り、世の中には何万冊と”お金”についての本が出版されています。

僕自身お金の勉強をする為に何冊も本を読みましたが、【これは驚き!感動だ!】みたいな本もあれば、【なんか根性論だな・・・】みたいな本までたくさんあります。

時間をかけて読んだはいいものの、何だこれ。。。時間の無駄じゃん。。。
みたいな思いをしたことありません?

どの本も読者の受けとり方、読み解き方次第で役にはたちますが、本を読むのにも時間は必要です。

最速で効率よく学ぶために、定評のある王道の本を読みたい!そう考えるのが普通です。

まず初めに読んで欲しい王道の3選をご紹介すると共に、これからお金の勉強の為の本の選び方についても併せてご紹介させてください。

具体的か?抽象的か?で本を選ぼう

この視点は自己啓発系などの本にも当てはまる事ですが、小説やストーリーもの以外の本は大抵【具体的な内容か?抽象的な内容か?】の2つに分ける事ができます。

先に答えをお伝え致しますが、【お金の勉強初期は是非、お金について抽象的な考えを教えてくれる本を読む事をオススメします。】

抽象的な本を読んで、広く浅く知見を広げよう!具体的な内容はその後!

何故なら、いきなり『FXや株の儲け方!』や『税金はこうやって節税する!』的な本を読んでも100%全てを理解する事が難しいからです。

要は広く浅くまずは知見を広げて、漠然とお金について問題意識や興味を持つには、抽象的な本の方がスーッと内容が入ってきやすいからです。

具体的なお金の勉強はいきなり始めるより、その後に始めた方が何倍も効果があがります。

A.目指す企業には『〇〇』という資格がいるから、勉強する!

B.とりあえず『〇〇』資格を取る!

どちらが良いかはさておき、Bの場合はその資格を使わないかもしれません。

上記例のA.Bの差は企業分析ができているかどうかです。

要は自分に何が足りていないかを把握した上で勉強をしています。

お金の勉強もこれと同じ。まずは自分に何が必要か?をこれから紹介する本で明らかにしていきましょう!

そうすれば、【税金?株?FX?仮想通貨?】どこについて深く学べば良いかが明確になり、その後も自分に合った本を選ぶ事ができます。

お金の勉強初心者にオススメの本はコレ!王道3選!

それでは早速、これからお金の勉強を始めるならまずこれから読めば間違い!という王道の3選をご紹介します!

とりあえず初心者ならコレを読んどけ!3選とも言う!!!

お金の勉強王道3選!
  1. 金持ち父さん貧乏父さん – ロバート・キヨサキ
  2. 金持ち父さん貧乏父さん キャッシュフロー・クワドラント – ロバート・キヨサキ
  3. お金の大学 – 両@リベ大学長

世界的に絶賛されている、多くの社長が読んだ方がいいと定評のある”金持ち父さん貧乏父さんシリーズ”

そして、最近YouTubeで”マネーリテラシー(お金の知識)”を向上させる教育動画で一躍有名なった両@リベ大学長の“お金の大学”をご紹介。

①②は先ほど申した”抽象的”な視点で【お金とは何か?貧乏と金持ちの差は?】日本のお金についての教育レベルの低さ、その現実を叩きつけられる内容になっています。

③のお金の大学は勉強しようとしなければ誰も教えてくれない、日本で生きる上で知っておくべきお金の知識を教えてくれる”具体的な本”です。

それでは上記3本を軽くご紹介致します、詳しくは自分で手に取り、暖かいコーヒーと共に勉強してくださいね!

①金持ち父さん貧乏父さん – ロバート・キヨサキ

¥3,366 (2022/01/13 16:00時点 | Amazon調べ)

お金の勉強をするならコレ一冊を初めに読むか読まないかで、お金についての考え方が大きく変わります。

この本を読むと、カラスが黒から白に見えるぐらいの衝撃があります。

幼少期の実体験を元に書かれているから、説得力が半端ない。

お金持ちがお金持ちになるまでの考え方を学べるので、めちゃくちゃ参考になる

お話はハワイにて、主人公とその友人、そして二人の父・金持ち父さんと貧乏父さんのお金への考え方について物語が進行します。

物語を楽しみながら、お金についての考え方を学べる、初心者でもとても読みやすい内容です。

ハワイで過ごした幼少期、同い年の友人の父は決して裕福とは言えないのに、”何故か?”その友人の父は会計士達から【お金稼ぎの天才】と呼ばれています。

そんな金持ち父さんとは裏腹に主人公の父”貧乏父さん”は一般的な公務員で”お金は悪だ”と考えています。

後者の貧乏父さん的思考は、日本人の大半がその思考だと言われています。

お金持ちになりたいなら、まずはそのお金持ちの思考から学ばなくてはなりません。

“ソレ”を教えてくれるのがこの本です。

注意点!

この本の内容は日本的教育を受けた私達にとっては、ある種”劇薬”とも言えるでしょう。

それが故、この本で現状のお金に対する危機感を煽り、ビジネスに勧誘する悪質な手口に利用されがちな本です。

本自体はとても素晴らしい本で、世界的ベストセラーにもなっています。

②金持ち父さん貧乏父さん キャッシュフロー・クワドラント – ロバート・キヨサキ

①の金持ち父さん貧乏父さんの続編的なお話。

①がかなり抽象的な話なら、②のキャッシュフロー・クワドラントは少し具体的なお話になります。

クワドラントというのは、お金を稼ぐやり方は下記図のように必ずどこかに分類されるというもの。

僕はフリーランスで投資もしているから、SとIの両方に所属しているよ!

将来は自分のビジネスを持つ、Bに移行したと思ってる!

その各クワドラントについての特徴やその説明。お金持ちになるにはどのクワドラントに移行すればいいか?

読者がこれからお金持ちを目指す上で必要となる、ビジョン設計に非常に役に立つ内容の本です。

”家を建てるなら”設計図を作り⇨その後に建築されます。

その様に”お金持ちになるなら”まずはビジョンを設計⇨その後に行動しましょう。

①と併せて必ず読んで欲しい本です。

コチラから引用

③お金の大学 – 両@リベ大学長

最後の本はお金の教育系YouTuber両@リベ大学長のお金の大学です!

この本はかなり具体的なお金の知識について学べる本です。

日本の制度って学校じゃ教えてくれない。でも知らなければ損するぐらい、充実した社会保障がある、結構豊かな国なんだぜ!

日本で生きていく上で知っておいた方がいい、制度や保証、保険についてなどなど、①②の2つ本がお金についての考え方を改める、問題意識を芽生えさせる内容なら、このお金の大学は広く浅く様々なお金について具体的な知識を学ぶ事ができる本となっています。

例えば、『サラリーマンでもできる節税方法!』とか『退去費用をぼったくられない為の知識!』など。

限りなく私たちの生活に寄り添った、お金の知識を学べる内容となっています。

思考を学んだあとの第一歩まずは現実的なところから行動を起こしていく為の攻略本となっています。

あのオリエンタルラジオのあっちゃんも絶賛する本なんです!

【何から始める?】王道本3選!お金の勉強初心者にオススメの本はコレ!まとめ

お金の勉強王道3選!
  1. 金持ち父さん貧乏父さん – ロバート・キヨサキ
  2. 金持ち父さん貧乏父さん キャッシュフロー・クワドラント – ロバート・キヨサキ
  3. お金の大学 – 両@リベ大学長

お金の勉強をこれから始めるなら、是非読んで欲しい王道の本3選をご紹介しました!

金持ち父さん貧乏父さんでお金に対する抽象的な考え方を学び、将来のビジョンを設計する。

そしてお金の大学で限りなく、再現性の高い具体的な方法で行動を起こす。

筆者自身、お金を稼ぐ方法の一つとしてこのブログを始めました。

徐々にではありますが以前に比べて生活の水準が上がり、幸福度も上がってきています。

それも全部今回紹介した本のおかげと言っていいでしょう。

皆さんも是非お金の勉強を始めて、行動を起こし、幸せな未来を掴み取りましょう!

それじゃ〜さようなら〜!